ZEH ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス

ZEHとは・・・

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略で住宅における給湯や空調、照明などによる

『創エネ』を差し引きして、年間の一次エネルギー消費量が正味でゼロまたはマイナス

となる住宅の事をいいます。

 

 

経済産業省資源エネルギー庁は

「2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で住宅の年間の

 一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅(ZEH)の実現を目指す」

とする政策目標を設定しています。  

 

当社は下記をZEH普及目標とし、ZEHビルダー登録申請をしています。

 

 

ZEH普及率目標

 

 

ZEH受託率

 

平成28年度目標

   10%

平成29年度目標

   20%

平成30年度目標

   30%

平成31年度目標

   40%

平成32年度目標

   50%

実績報告 0%

 

 

ZEH普及策

 

<1>ZEHの周知・普及に向けた具体策

1.建築雑誌への掲載。

2.地域・メーカーイベントへの積極的な参加。

3.ホームページ等による情報発信。

4.完成見学会等でのこれからの住宅の住まい方省エネルギーについての啓蒙。

 

<2>ZEHコストダウンに向けた具体策

1.高性能断熱材・高断熱サッシ・ガラス高効率給湯設備・高効率太陽光発電など、

 当社が提案するZEHモデルプランを規格化、標準仕様として、メーカー仕入れ

 業者に集中発注することによりコストダウンを図る。    

 

2.基礎断熱及び床下暖房を積極的に採用する。

           

 

<3>その他の取り組み

1.断熱性能・省エだけでなく、通風も考えた設計、日射熱を取り入れた設計など、

 自然エネルギーを取り入れた設計を行い、建設地に合ったプランを提案し、

 住宅の更なる省エネ化を図る。